NEWS

【東京都社会人2部リーグ 第2節】4月8日(日)18時45分より、ZION FOOTBALL CLUB VS FC.STEAM戦 が行われました。見事に5-0で開幕戦を勝利で飾りました。

4月8日(日)、2018年東京都社会人2部リーグ 第2節 FC.STEAM戦が行われました。※第1節東京教員クラブ戦が延期になったため、この日が実質の開幕戦となりました。

前半の立ち上がりこそ、硬さもあり、しっかりと引いて自陣中央にブロックを作って守る相手に攻めあぐねる部分もありましたが、ボランチの⑪大野が巧みにボールを動かしてゲームを支配し、終始ボールを保持して得意のポゼッションサッカーを展開したZION。

前半を0-0で終えハーフタイムでは、「落ち着いて自分たちのサッカーをすれば問題ない」「前線は守備面でも攻撃面でも、もう少し連動して動こう」と意思疎通を図り、そこから精度の高いボールを供給して局面を打開していくことをテーマに後半に入りました。

後半は、前線のメンバーのポジションを変更して、攻撃に変化と明確な意図を持つことにしました。

その結果がすぐに出ます。
左サイドにポジションを移した⑰石塚の左足のクロスが入ったところで相手ディフェンダーにヘディングでクリアされるものの、セカンドボールを拾った④久利が左足でニアサイドに蹴り込んで先制する。

その数分後に、またも左サイドで⑰石塚が起点になって、攻めあがった④久利を経由して下がってきた⑲渡邊へ繋ぎ、⑲渡邊がペナルティエリア付近で浮き球のパスを送ると、これがペナルティーエリア内にいた相手ディフェンダーの手に当たりハンドの判定でPKとなります。

このPKを⑲渡邊がゴールキーパーの逆をつく落ち着いたPKを決めてチーム2点目。

さらに試合は動き、相手ディフェンスラインの裏を狙ったランニングで⑫高橋(慎)が抜けだすと、⑭日高から正確なフィードが通って、高橋が折り返す。一度は相手ディフェンダーにブロックされるも、すぐに拾って折り返し、ニアに走り込んだ⑩神田が右足で合わせて3点目。

その後、⑲渡邊との連携から途中出場の⑬河村が前を向き、⑩神田にスルーパスを送ると、これを⑩神田が右足で流し込んでチームの4点目を決める。⑩神田はこの日2点目のゴール。

終盤には、左サイドで抜け出した⑩神田の折り替えしから、交代出場していた㉒高橋(蔵)がヘッドで押し込んで5点目。⑬河村のアシスト、㉒高橋(蔵)のゴールと、交代で入った選手の活躍し、結果を出してくれたのは良い収穫でした。

相手が疲れてきた時間帯には、ポストやバー直撃のシュートもあり、決めきりたいシーンが多くあり、決定力という意味では今後の課題として残るものの、難しい開幕戦を5-0で勝つことができたことはポジティブに捉えて、次節に繋げたいと思います。

試合:第2節(東京都社会人2部リーグ)
対戦:FC.STEAM
時間:18:45 kick off

次節の予定、試合結果はこちらから>>