NEWS

【公式戦】6月3日(日)東京都社会人2部リーグ3Bの第4節 Racing Club de Tokyo戦が清瀬内山グラウンドにて行なわれました。

【公式戦】2018年6月3日(日)東京都社会人2部リーグ3B 第4節 Racing Club de Tokyo戦

開幕から3連勝と好調を維持するチームは、Racing Club de Tokyoとの大事な4戦目を迎えることになりました。

前節からシステムを変更し、選手のポジションにも変更が加えられたための違和感からか、序盤はボール運びや守備でのポジショニングの点でもチグハグなゲーム展開となりました。

そのゲーム展開を象徴するようにルーズボールを拾われて、前半には今季2つ目となる失点をしてしまいます。

4戦目にして初めてリードされての試合展開となりましたが、選手同士でも「慌てる必要はない、1点(失点)はあるよ」と声を掛け合い、冷静さを保つ努力が見えました。

後半に入り、普段と違うチグハグさの違和感を減らすため、守備でのポジショニグの修正やシステム変更も行い、徐々に試合展開にも力強さがでてきました。

後半3分、左サイドの⑰石塚の折り返しのこぼれ球を⑪大野が拾ってペナルティエリア内にドリブルで持ち込んだところへ、相手の後ろからのファールを誘いPKを獲得。

これを開幕戦でもPKを決めている⑲渡邊が冷静に決めて1-1と振り出しに戻します。

1-1になってからも主導権を握り続けますが、なかなかチャンスを決めきることができず、追加点が奪えませんでした。

㉒高橋を投入してから、さらに攻撃に出て行けること、守備を安定させるためのポジション変更を行い、各段にチャンスを作る回数が増えます。

後半35分、ゴール前25メートルのFKを獲得し、これを⑲渡邊が直接決めて、ついにリードを奪います。

後半40分には㉔福永を投入して、しっかりと試合を締めくくり、この勝利で開幕4連勝を飾りました。

日時:6月3日(日)19時10分キックオフ
相手:Racing Club de Tokyo
スコア:2-1 Win
得点者:⑲渡邊 2G
会場:清瀬内山グラウンド